So-net無料ブログ作成

告白 [日記]

大学生になってもうすぐ二か月が経つ。ニートだった去年の生活とは一転して忙しい毎日を送っている。ニートの頃の楽な生活に戻りたいと思う反面、社会の一員として生活できている自分に感動している面もある。日々、さまざまなことに悩みながら生きているが、一つだけ言えるのは、自分はこの四年間で成長したいと強く思っているということだ。

人と関わりたいと思う反面、人と関わることの煩わしさがものすごく嫌になるときがある。むしろ後者のように感じるほうが多いかもしれない。しかし、今日、人と話したことでずいぶんと心が明るくなった。人に話しかけられて嬉しかった。いつまでも同じことを繰り返している自分に嫌気がさす。これも何度言ったか分からない。だから私は心療内科に行くべきなのだと思う。そうして、自分が自閉症スペクトラムなのではないかという疑惑を明らかにするべきだ。

最近、お酒をあまり飲まなくなった。それはおそらくあの人に彼女ができて、完全に希望が絶たれたからなのだろう。つまり、少しの希望を抱きながらも行動できない、諦められないという葛藤を抱いていたからお酒を飲むことで現実逃避していたのが、彼女という存在ができたおかげで否が応でも自分のもつ可能性が0であることを認めなくてはならず、そうすることで少しずつ執着心が消えていったのだと思う。

あの人に出会ったことは全く後悔していないし、私の人生が変わるきっかけになった人間であるから感謝している。私の癖として、「酔いたがり」な部分がある。不幸な自分、かわいそうな自分に浸りたい。それが快感なのだ。そういう癖も彼に対する執着心の増幅を助長させたのだろう。

しかし、それに浸っていることは果たしてどれだけの価値があるだろう?一時期の自分の欲求を満たせたとして、本当にそれは幸せなことなのだろうか。

結論は自分でもすでに自覚している。彼に執着するのは時間の無駄であり、もうこの恋はすでに終わっているのである。なんとなく不完全燃焼な感じがするのは、彼に告白をきちんとしていないからだ。自分の気持ちをぶつけて、きちんと断られるべきだった。


nice!(0)  コメント(0) 

日記 [日記]

布団に入って電気を消してから約1時間。明日も早いのにどうしても寝れないので頭が余計なことを考え始める。どうしようもない孤独感、将来に対する漠然とした不安、焦燥感。

自分に余裕がないからか、周囲の人々や出来事に神経質になる。今まで笑って許せていたことも馬鹿みたいに引きずるようになった。理想とする自分から日毎に離れていく現実。やるべきことも考えるべきことも山積みなのに適当な理由をつけていつまでも逃げている。こんな状態がもう1ヶ月以上続いている。このままでは結局過去と同じ過ちを繰り返すに違いない。何一つ成長していない自分が心の底から情けない。

深夜だからこんなに悲観的なのだろうか。今年に入ってから何度も新しい目標を掲げ、計画を立て、実行し、挫折することを繰り返してきた。思い返してみればいつも、明確な理由もなく計画を途中で放り投げていた。ちょっとつまづいて精神的ダメージを受けるとすぐに次の目標を作り出していた。そうして過去の自分の努力を認めようとせず、新しい目標に向かう自分でいることで満足していたのかもしれない。

精神的に落ち込んでいる状態でものを考えてもろくな答えが出ないことは過去の経験から学んだ。しかしながら、現在の自分が精神的に落ち込んでいるのかどうか、自分でも分からないのだ。ただ、考えていても厭世的な見方から答えを出そうとしているような気はするし、ひどく悲観的かつ神経質になっているのは事実である。また、このようなことを考えるよりも先にやるべきことが山ほどあるので出来るだけ早急に解決したいものだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。